BIKE

海外メーカー

フルサイズなオフ車 BETA RR4T 125LC

トライアルで有名なBETA社から販売されているRR4T125LCを紹介しています。ミナレリヤマハ製の水冷4ストローク4バルブ単気筒エンジンを搭載し、懐の深い前後サスペンションで高い走破性をもつ車両です。
CD125Tの部屋

CD125T キャブレター交換(セッティング編)その1

CD125Tの純正キャブレターをオーバーホールしている間に、海外製ミクニVM22を取り付けてセッティングを行っています。ほぼ無加工で取り付け出来るので純正キャブレターの欠品対策で使えるかもしれません?!
CD125Tの部屋

CD125 キャブレター交換(取り付け編)その2

CD125TにVM22が取り付け可能ということがわかり、細かな部分を調整してみました。アクセルワイヤーは交換&取り回しをかえる必要があります。また、エアクリーナーとの連結部にもちょっとした加工が必要になってきます。
CD125Tの部屋

CD125 キャブレター交換(取り付け編)その1

CD125Tのキャブレターを純正品からVM22へ交換していきます。インマニとの連結部分など寸法を測ってみたところ、ほぼ無加工で取り付け出来ることがわかりました。
CD125Tの部屋

honda ベンリィ CD125T

ホンダのベンリィシリーズCD125を紹介しています。空冷並列2気筒のエンジンを搭載した歴史ある名車の生い立ちを振り返ってみました。
CD125Tの部屋

CD125 フロンオフォーク・ボトムケース磨き

クリームクレンザージフも強力ですが、このマザーズのマグ&アルミニウムポリッシュもなかなかの使い心地です。マシンをピカピカに磨きたい方にオススメです。
CD125Tの部屋

CD125 ハンドルバー交換

CD125Tのハンドルバーを交換してみました。オフロード用のハンドルブレースが付いたタイプを取り付けると、他の部品との干渉が出そうです。
CD125Tの部屋

CD125 CL50純正ハンドルバー装着

CD125TにCL50用の純正ハンドルバーを装着しました。グリップ部分の幅が足りずにやや無理矢理つり付けた感じにはなりましたが、とりあえずはこのままで整備をすすめていきます。
CD125Tの部屋

CD125 キャブレター交換(取り外し編)

CD125Tの純正キャブレターを車体から取り外しました。オーバーフローなどの際には一旦キャブレターを取り外してからの作業になります。
CD125Tの部屋

honda CD125T さび落とし

バイクのメッキ部分などを磨くのに便利なケミカル類としてマザーズのマグ&アルミニウムポリッシュをオススメします。また、クリームクレンザージフ+スチールウールもオススメです。
タイトルとURLをコピーしました