2020/6/26発売決定!【CT125】新型ハンターカブ 税込み¥440,000

CT125 ハンターカブ 新型発売125cc未満

待っていた方も多いと思います!

CT125 答えは自然の中にある

素敵なキャッチフレーズだと思いました。

2020年3月20日、野山にも都会にも映える、新しいトレッキングバイク【CT125・ハンターカブ】の発売が発表されました。

発売日は2020年6月26日となっています。

2019年9月26日のニュースリリースで同年の東京モーターショーに出展されることがアナウンスされた現代版ハンターカブは、おおよそ半年の期間を経て市場に投入されました。

スポンサードリンク



主要スペック

125cc横型エンジン搭載のCT125。

主要なスペックをチェックしてみましょう。

型式:2BJ-JA55

エンジン形式:JA55E

エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量:124cc

ボア×ストローク:52.4 × 57.9

最高出力:6.5kW[8.8ps]/7,000rpm

最大トルク:11N・m[1.1kgf・m]/4,500rpm

燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉

始動方式:セルフ式(キック式併設)

点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火

燃料タンク容量:5.3L

変速機形式:常時噛合式4段リターン

タイヤ(前):80/90-17M/C 44P

タイヤ(後):80/90-17M/C 44P

ブレーキ形式:前後 油圧式ディスク

最低地上高:165mm

シート高:800mm

車両重量:120kg

燃費性能:67.2km/L(WMTCモード値 1名乗車時)

ロングストロークぎみのエンジンをトルクフルな特性に仕上げているようです。

ブレーキは前後ともに油圧式のディスクブレーキを採用しています。

そして、キックスターターが備わっているのが魅力的ですね!

満足度の高い装備

スポンサードリンク



まず目に入ったのがステップです。

CT125 ハンターカブ 新型

凹凸のある金属製のステップに、取り外し可能なラバーを装備しています。

これはダート走行を考慮した素晴らしい装備だと思います。

次にリアキャリアです。

横幅409㎜×前後477㎜の大型サイズとなりました。

荷掛けフックを4か所に備えるなど積載性にこだわり、趣味の道具もたっぷり積めます。

そしてアンダーフレーム&アンダーガード。

オフロード走行時や山道を奥深く入っていくと、ゴツゴツした岩や砂利・太い木の根っこ等にエンジン底面をヒットさせることがあります。

頑丈なエンジンガードが備わっていることで、クランクケースなどエンジン主要部分へのダメージを回避してくれます。

ボイディカラーは2色

発売時のカラーリングは以下の2色です。

CT125 ハンターカブ 赤

グローイングレッド

 

スポンサードリンク



CT125 ハンターカブ ベージュ

マットフレスコブラウン

大手バイク誌の予想どおり、赤とベージュ系のラインナップで登場しました。

メーカー希望小売価格はどちらも¥400,000(税込み¥440,000)となっています。



タイトルとURLをコピーしました