honda 125ccになったモンキー(monkey)

HONDA(ホンダ)



2018年 7/12(木) ついに発売日を迎えた モンキー125

2018年4月23日(月)にホンダから新しいバイクに関する最新情報がアナウンスされのが、つい最近のことに感じます。

カスタムパーツも続々と発売されて盛り上がりを見せています。

monkey125

2017年にモーターショーで展示され、発売はまだかと噂され続けていたモンキーの125ccが正式に発売するとアナウンスされたのが2018年の4月後半でしたね。

発売日の2018年7月12日(木)を数日経過した段階で、判明しているスペック等の情報をご紹介していきます。

モンキー125 諸元

【】内はABS仕様

通称名モンキー125
車名・型式ホンダ・2BJ-JB02
全長×全幅×全高 (mm)1,710×755×1,030
軸距 (mm)1,155
最低地上高 (mm)★160
シート高 (mm)★775
車両重量 (kg)105【107】
乗車定員 (人)1
最小回転半径 (m)1.9
エンジン型式・種類JB02E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3)124
内径×行程 (mm)52.4×57.9
圧縮比 ★9.3
最高出力 (kW[PS]/rpm)6.9[9.4]/7,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)11[1.1]/5,250
燃料消費率※3(km/L)国土交通省届出値
定地燃費値※4(km/h)
71.0(60Km/h定地走行テスト値)<1名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※5
67.1(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★セルフ式
点火装置形式 ★フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L)5.6
クラッチ形式 ★湿式多板コイルスプリング式
変速機形式常時噛合式4段リターン
変速比1速2.500
2速1.550
3速1.150
4速0.923
減速比 1次★/2次3.350/2.266
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★25°00´/82
タイヤ120/80-12 65J
130/80-12 69J
ブレーキ形式油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式
フレーム形式バックボーン

 

価格はABS無しが¥399,600-(税込み)、ABS付きが¥432,000-(税込み)となっていて、差額は¥32,400-(税込み)です。

ABSはフロントにのみ装備されているようなので、個人的にはABS付きでフラットダートを走ってみたいと思いました。



ABS有り無しの見分けはフロントキャリパー部分に取り付けられたセンサーでしょうか?

センサーのような小さな部品がありますね。

装備的にはメーターがデジタルメーターなって、最新のバイクらしさが演出されています。

燃料系がついたことでメーター内で燃料の残量を逐一確認出来るのは、5,6Lしか容量が無いガソリンタンクにとってありがたい装備です。

125ccになってデジタルメーターを手に入れました。

その他は画像からもわかるとおり、フロントフォークが倒立フォークになっていたり前後ディスクブレーキになっていたり、タイヤが前後12インチになっていたりと、搭載されるエンジンの出力に見合った装備が与えられている様子がうかがえます。

エンジンは空冷 4ストローク OHC 単気筒 9.4馬力と地味な印象ですが、ボア径に対してストロークが長いエンジンなので、アフターパーツ市場が一気に盛り上がりそうな予感がします。

ただ、大きくなったぶん重量も増加して105kgもあるんだとか。これだとbetaのrr4t125lcなどと変わらないですが、そもそもRR4T125LCが軽すぎるのでしょうね。

BETA RR4T125LC ¥648,000-税込み

そして最後に実用性の高いアクセサリーとして外せないのがリアキャリアです。

メットインがないバイクではリアボックスが重宝しますが、キャリアに取り付ける方法が最も一般的でしょう。

純正アクセサリー ¥14,904-(税込み)

上記のような理由からもできれば標準装備して欲しいパーツですが、大きさや価格については何ともいえないような・・・ただ、装着率はかなり高くなりそうですよね。

いよいよ発売となったmonkey125も、道交法改正の流れを先取りしたのか?最近の国内に投入される125cc以下の車両には勢いがあるように感じます。

価格的にも競合しそうなアプリリアのRX125(税込み¥398,000-)も2018年5月に日本上陸を果たしたばかり。

アプリリア RX125

さて、モンキー125は世界に新たなブームを巻き起こすのか?非常に楽しみですね。

TOP PAGE へ戻る ←



タイトルとURLをコピーしました