インドネシアでkawasakiが販売!フルサイズ・オフロードモデル「KLX150」

カスタムパーツetc

こんにちは。

NINJA125の発表で話題のカワサキですが、2018年11月現在KLX125の新型も開発されているのではないか?という噂があります。

日本国内においてカワサキのKLX125は2016年モデルで生産を終了していますが、インドネシアでは空冷エンジンを搭載したKLX150という車種が存在しています。

お笑いコンビ「ジャルジャル」の国名分けゲームでもおなじみ「イン・ドネシア」。

それでは、カワサキモータース・インドネシアの魅力的なオフロードモデルを見ていきましょう。

KLX150

KLX150

ブロックパターンのタイヤはフロント19インチ・リア16インチを採用し、日本国内でも販売されていたKLX125と同じくらいのサイズ感でしょうか?

エンジンは空冷の144ccで最高出力が12PSと控えめですが、重量が116kgと軽いためヒラヒラと走ってくれるでのでしょう。

地上最低高は255mmとなっています。

KLX150BF

BF=BIG FOOTでしょうか??

フロント21インチ・リア18インチのフルサイズオフロードモデル同様のホイールを装着し、フロント倒立フォークが与えられたKLX150BF。




出力はKLX150と変わらずですが、前後サスペンション&ホイールの変更によって地上最低高は295mm(40mmUP)となり、オフロードでの走破性は飛躍的に高められています。

ちなみに、BFのシート高は870mmとなります。

KLX150BF SE

フルサイズのBFをベースに、ファットバー・スキッドプレートなど豪華装備のSE。

KLX150BF SE(X-TREME)

BEのSEモデルをベースに、エクストリーム色の強いカラーリングで仕上げられたKLX150BF SE XTREMEもあります。

日本のKLX125は新型が登場する?

2018年に公開されたNINJA125やZ125に搭載されているエンジンは、水冷の4ストローク125ccです。

2018 Z125

このエンジンを使って新型のKLX125を開発していたら・・・インドネシアKAWASAKIのKLX150に搭載されているのは空冷エンジンなので、シュラウドの形状などに大きな違いが出そうですね。

kawasaki KLX125 2016

根強い人気のKLX125。

そろそろ新型の登場にも期待したいところですが、一気に電動化されたモデルとして登場したり・・・しませんよね?



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました