BIKE

YAMAHA(ヤマハ)

通勤・通学におすすめ!コスパ高めなシティコミューター「YAMAHA XTZ125」

ヤマハが世界で販売する4ストローク125cc単気筒エンジンを搭載したお手軽シティコミューターXTZ125を紹介しています。日本へはブラジル製の車体が多く入ってきていましたが、2018年現在では中国製の車体が増加しているようです。
CL50ベンリィの部屋

パンクの原因 それはホイールのサビだった

パンクした原因は「ホイールリムのサビ」でした。空気圧が下がっていたことで段差で受けた衝撃などもかなりの勢いでチューブに伝わっていたと思われます。
海外メーカー

イタリアン本格スクランブラー上陸 FANTIC CABALLERO(ファンティック カバレロ)

2019年4月、ついに日本上陸か?!ネオレトロな雰囲気で目を引くダートトラッカーFANTIC CABALLERO125。歴史あるイタリアのメーカーが手掛ける1台はどのようなバイクに仕上げっているのでしょう?
BIKE

電動バイク普及にフルスロットル!?日本の4大メーカーが協業を検討開始!

2019年4月4日、世界に向けて発信された「日本のバイクメーカー達が電動化に向けた協業検討を開始」というニュースについて触れています。ガソリンを電気へと変化させていく過程で、バッテリー等を共有するメリットをユーザー目線で検討し、インフラ整備の加速を促していくと思われます。いよいよ本格的な電動化時代へと突入するのでしょうか?!
BIKE

CL50通勤快速仕様 ブレーキレバーをホルダーごと交換

通勤快速仕様ホンダCL50のブレーキレバーが折れてしまったことをきっかけに、ショートレバーのパワーレバータイプに交換しました。レバーだけの在庫がなかったことと、ホルダーセットでの金額が安かったこともあり、右バーホルダーごとの交換となりました。購入した商品はキタコ製の右ショートレバー&ホルダーセットです。
BIKE

CL50通勤快速仕様 防寒+雨対策 ハンドルカバーを交換

カブやスクーターに負けない使い勝手で活躍中の通勤快速仕様ホンダCL50。約2年使い転倒により穴が開いたハンドルカバーを新調しました。製品名=リフレクター防寒ハンドルカバーは、果たして雨の日にも活躍してくれるのでしょうか?!
海外メーカー

Gentleman Racer 200 2019年タイから上陸!

タイ初となる国産バイクメーカーATVパンサーが展開するバイクブランド「GPXレーシング」から、ひときわ目を引くネオレトロなカフェレーサー「ジェントルマンRacer200」が上陸。日本のバイクには無い魅力に迫ります!
HONDA(ホンダ)

honda CB125

たび重なる仕様変更を受けながら、40年近い販売期間となったホンダの名機CB125シリーズを紹介しています。4ストローク125ccの並列2気筒エンジンを搭載し続けた長い歴史のなかで鍛えられた性能は、現在でも通用するほどのポテンシャルです。
海外メーカー

GPX JAPAN 150cc×2車種・200cc×1車種を日本へ導入

2019年、平成から次の元号へと変化するこの年に、バイク業界にも変化をもたらしそうなブランドが日本に上陸します。それはタイ初の国産バイクメーカーATVパンサーが製造販売する「GPXレーシング」というブランドです。低価格ながら高品質な車両を展開するGPXとは?!
海外メーカー

本格オフローダー FANTIC エンデューロ125

2019年4月、ついに日本上陸か?!イタリアのバイクメーカーFANTICから販売されている本格125ccフルサイズのエンデューロモデルを紹介しています。軽量な車体にハイパワーなエンジンを搭載した魅力的な1台です。
タイトルとURLをコピーしました