スリッパークラッチ搭載!2020年11月 HONDA CRF250L 新型詳細!

crf250lBIKE

機能美を突き詰めたHONDAオフロードモデルの最新作

モトクロッサーイメージを追求したヘッドライトバイザーから、シャープに跳ね上がるリアカウルまで。

贅肉をそぎ落とし、オフロードを自在に走ることを追求した機能的なフォルムには、ダイナミックにデザインされたフルグラフィックスを採用。

躍動感あふれるスタイルが、大自然の中でひときわ映える。

発売日は2020年12月17日となっています。



2020年型 CRF250L・CRF250L<s>

アシストスリッパークラッチ搭載・ストローク量=前後260mmのサスペンション・中低速のトルクアップ・4kgの軽量化・ON&OFF切り替え可能なABSなど、大幅なオフロード走行性能の向上が図られた新型CRF250L。

CRF250L<s> アクセサリー装着車

金額は¥599,500(税込み)と、従来モデル比で約10万円ほど高額になりましたが、性能面から考えれば妥当な金額に思えます。

前後サスペンション伸長の<s>タイプ

新型のCRF250Lには、前後のサスペンションの長さを延ばしオフロード走破性を追求したモデルも設定されます。

CRF250L比較

右が<s>タイプ

地上最低高は通常245mmですが、<s>は285mmと40mmUP。

シート高は通常830mm、<s>が880mmで50mm差。

ちなみに、モトクロッサーCRF250Rは、重量108kg、シート高957mmです。



ラリーモデルも同時変更

前モデルから存在していたラリー仕様もラインナップします。

CRF250RALLY

2020 CRF250RALLY<s>

RALLYにも<s>タイプが存在します。

地上最低高は通常220mmですが、<s>は275mmと55mmUP。

シート高は通常830mm、<s>が885mmで55mm差。

金額は¥741,400(税込み)となっています。

主要諸元

主要諸元をhondaのhpより引用します。

通称名

CRF250L

CRF250 RALLY

車名・型式

ホンダ・2BK-MD47

全長×全幅×全高 (mm)

2,210×820×1,160
〔2,230×820×1,200〕

2,200×920×1,355
〔2,230×920×1,415〕

軸距 (mm)

1,440〔1,455〕

1,435〔1,455〕

最低地上高 (mm)★

245〔285〕

220〔275〕

シート高 (mm)★

830〔880〕

830〔885〕

車両重量 (kg)

140

152

乗車定員 (人)

2

2

燃料消費率※2(km/L)

国土交通省届出値
定地燃費値※3(km/h)

46.0(60)<2名乗車時>

WMTCモード値★(クラス)※4

34.8(クラス2-2)<1名乗車時>

最小回転半径 (m)

2.3

エンジン型式・種類

MD47E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒

総排気量 (cm3)

249

内径×行程(mm)

76.0×55.0

圧縮比 ★

10.7

最高出力 (kW[PS]/rpm)

18[24]/9,000

最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)

23[2.3]/6,500

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式 ★

セルフ式

点火装置形式 ★

フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式 ★

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量 (L)

7.8

12

クラッチ形式 ★

湿式多板コイルスプリング式

変速機形式

常時噛合式6段リターン

変速比

1 速

3.538

2 速

2.250

3 速

1.650

4 速

1.346

5 速

1.115

6 速

0.925

減速比(1次★/2次)

2.807/2.857

キャスター角(度)★/トレール量(mm)★

27°30´/109

タイヤ

80/100-21M/C 51P

120/80-18M/C 62P

ブレーキ形式

油圧式ディスク(ABS)

油圧式ディスク(ABS リアキャンセル機能付き)

懸架方式

テレスコピック式(倒立サス)

スイングアーム式(プロリンク)

フレーム形式

セミダブルクレードル

〔 〕内は<s>タイプ
■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.  ■製造国/タイ
■輸入事業者/本田技研工業株式会社

  • ※2燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※3定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※4WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます



タイトルとURLをコピーしました