5軸手ブレ補正E-M1MarkⅡの実力チェック 三脚無しで月を撮影

月の撮影 設定 f値 シャッタースピード ISOWEB関連 デジカメ PC スマートフォン

写真を撮るのって楽しいですよね?

上手に撮れたときは、なおさら嬉しく感じるものではないでしょうか?

もしもあたながレンズ交換式のデジタルカメラと望遠レンズを持っていたら、ぜひ挑戦してほしいのが「月の撮影」です。

おおよその基準値が判れば難しいことはありませんので、「やってみようかな」と感じたらこの記事を参考にしてみてください。

月の撮影

今回は、センサーサイズが小さいことから「暗い所が苦手」と思われがちなMFT規格のデジカメを使って、夜の月(moon)を撮影してみました。

マイクロフォーサーズ(MFT・M4/3)は、オリンパス&パナソニックの2社が採用するデジタルカメラのセンサーサイズに関する規格。

センサーの大きさはフルサイズの半分・APS-Cよりやや小さめとなり、いくつかの特徴があげられます。

焦点距離が2倍

たとえば12-40mmというレンズがあったとします。

レンズは一般的にフルサイズ機で撮影したときの焦点距離を表示しています。

マイクロフォーサーズ機に12-40mmを装着すると、焦点距離は2倍の24-80mmとなります。

ちなみにEOS KISSシリーズやニコンDXフォーマットは、APS-Cサイズのセンサーを搭載していますので、約1.5~1.6倍の焦点距離となります。

また、マイクロフォーサーズはセンサーが小さいことでボディやレンズを小型化できるため、軽量なモデルが多いという特徴もあります。

被写界深度が深い

個人的に気に入っている部分が「被写界深度が深い」という点です。

センサーサイズが大きいと、ボケやすいといわれています。

それは、ピントが合っているように見える面(奥行)が少ない(薄い)ということです。

これを被写界深度が浅いと表現しますが、マイクロフォーサーズではボケにくいぶんピントが合っている部分が広くなることで撮影しやすいというメリットがあります。

実際に使用してみると、軽量・小型に設計しやすく焦点距離が2倍となることから望遠域の撮影が得意なので、遠方の被写体をとらえやすいと感じます。



手持ちで月を撮影

強力な手振れ補正が高評価を得ているオリンパスのミラーレス一眼カメラ。

今回の撮影に使用したのは、2019年にE-M1Xが登場するまでオリンパスのフラッグシップ機として君臨していたE-M1 markⅡ。

レンズはパナソニックのH-FSA100300で、焦点距離は最大600mm相当となります。

マイクロフォーサーズ 月 天体

焦点距離600mm・シャッタースピード1/5000秒・絞り値f/8・ISO感度1600

感度を上げすぎると画質が低下しやすいため、ISOは1600に設定しました。

レンズの絞りは解放でf/5.6ですが、少し絞ってf/8にセット。

手持ち撮影のため、出来る限り手ブレを抑えるべくシャッタースピードを1/5000秒まで早めました。

三脚があればもっと遅いシャッタースピードで撮影できますが、地球の自転などを考慮し?(適当ですw)出来る限り早い速度で撮影を試みました。

過去に撮影した月よりもうまく撮れた感じます。

2020スーパームーンを撮影

あまりの高性能機材のため、まだほとんどの機能を使えていませんが、設定を変えて撮影するのは楽しいですね。



タイトルとURLをコピーしました