新型コロナウィルス 鹿児島で1例目  

鹿児島 新型コロナDailyNews

2020年3月26日 鹿児島県で初となる新型コロナ感染者が確認されました。

地域の特性から「火山灰で肺が鍛えられている・芋焼酎でのどを殺菌している・生の鳥肉に耐性があり体質が異なる」など、面白おかしく伝えられてきたコロナウィルスへの耐性の噂もここで終了してしまうのでしょうか?

新型コロナ 鹿児島1例目は海外からの帰国女性

スポンサードリンク



東京でも1日で判明した人数が40人を超える日が2日続くなど、感染経路のわからない方が増えオーバーシュートが懸念されはじめました。

そんな中、海外から帰国した女性が鹿児島初の新型コロナ感染者となったようです。

様々な意見はあると思いますが、こうなるまえに帰国者は即座に完全隔離という策を講じてほしかったと感じます。

この方も自らマスクを着用し、公共交通機関でない移動手段を選択し、万が一の拡散に対し非常に神経をとがらせて帰国されたように感じます。

羽田で即隔離であれば、より安心して帰国できたことでしょう。

ハワイ在住の著名人が「日本はぬるい」と発言していましたが、今回の事例でそれが証明されたといえるのではないでしょうか?

記者発表資料からの情報

鹿児島県の公式な記者発表資料から、詳細な情報を得られました。

◇患者の概要

1)性別 女性

2)年齢 40代

3)職業 会社役員

4)国籍 日本

5)居住地 イギリス在住

イギリス在住の40代会社役員女性はどのような経路で鹿児島に行き、どこに立ち寄ったのでしょう。

気になる行動履歴

◇行動歴および経過

※女性は「常時マスクをされていた」と報道されています。

3/23 関東~鹿児島

15:55ごろ 羽田空港発 飛行機

17:55ごろ 鹿児島空港到着 (友人の自家用車で友人宅まで移動)

19:00ごろ タイヨー重富店 (食べ物を購入)

21:00ごろ 友人宅で発熱

24:00前  38/6℃まで体温上昇 たまに咳

羽田までの経路は不明ですが、鹿児島からは友人の自家用車で移動しています。

3/24 在宅か?

7:00ごろ 体温36.8℃ その後37.4℃ 頭痛あり(友人が購入した市販の風邪薬を内服)

熱は少し下がっていますが、頭痛などの症状があったようです。

3/25 在宅か?

体温36.7~37.3℃ 少し咳あり。倦怠感・呼吸苦は無し。

症状は前日からあまり変化していなかったように感じますね。

3/26

鹿児島県内の帰国者・接触者外来を受診。

同県内の感染症指定医療機関で適切な衛生管理の下、入院中。

得られた情報から推測するに、帰国するにあたりできる限りの拡散防止策を考えてこられたように感じます。

このイギリスから帰国した女性は、3/26から入院されているようです。

26日の朝の体温は37.2℃、咳・倦怠感・頭痛その他症状も無いとのこと。

また、行動を共にしていた友人についても記者発表されています。

スポンサードリンク



友人の行動履歴など

◇滞在先の友人の状況

健康状態

3/25 検温開始 36.0℃

3/26 体温 36.5℃

咳や倦怠感、頭痛などの症状はみられない。

濃厚接触者とみられる友人は会社員ということです。

行動歴

3/24 会社へ出勤(マスク着用)

女性が発熱した翌日の3/24はマスク着用のもと仕事に行ったということですね。

どのような職場かわかりませんが、濃厚接触者がいる可能性は否定できません。

この男性について、3/27に新型コロナに感染しているか否かの検査が行われるという情報があります。

感染された女性の回復とその友人の無事を願うばかりです。

全国に広がっていく新型コロナウィルス

長引く自粛モードに、最近はややコロナ疲れを感じさせる時期となっているようにも感じます。

首都圏近隣でも3月末の週末に自粛要請が出ていますが、強制的に外出禁止とならないよう協力していきたいと考えています。

ビルゲイツ氏だったと思いますが「経済は復活できるが、人命は復活できない」というニュアンスの発言をされていました。

欧州など移動制限のかかった地域でも経済活動が完全に停止しているのではなく、必要なものは物流も含め稼働していると聞きます。

買いだめなどパニックをおこさず、「奪い合えば足りない・分け合えば余る」の言葉を信じ落ち着いて行動したいと改めて考えさせられました。



タイトルとURLをコピーしました