インチダウンが似合う?! デリカD5 18インチ→16インチ

DELICA D:5 LDA-CV1W

こんにちは。

オフローダーな実力と雰囲気が大人気のミニバン三菱デリカD:5。

私が購入したのは、5年落ち・走行距離8万キロ強の車体ですが、純正の18インチホイールに225/55 R18のタイヤが装着されていました。

デリカオーナーの先輩方同様、タイヤ交換時のコストや見た目のワイルドさ、乗り心地などを重視して、18インチから16インチにインチダウンしようと計画中です

2018年11月、16インチへインチダウンしました。

デリカD:5 216/70R16

購入時に残りミゾが少ない状態であることは事前に聞いていたので、納車されてからすぐの楽しみとしてタイヤ&ホイール交換を考えていました。

スポンサードリンク



納車直後のタイヤ

純正ホイール + 225/55R18

サイドウォールに刻まれた文字からGOODYEAR製品であることがわかりました。

M+S表示もありますね。

残りミゾは少なめ

車検や走行には問題無いレベルですが、やや少なめの残りミゾです。

さらに、ゴムの硬化によるひび割れが目立ってきています。

硬化したゴムがショックを吸収できずにゴツゴツとした乗り心地なのかもしれません。

デリカD:5で実際に走行してみて感じたのは「アスファルト路面の小さなギャップを拾いやすい」ということです。あくまでもセレナ(195/65/15)との比較ですが、少なくとも225/55R18というタイヤが影響していないはずはないと感じました。柔らかい乗り心地の中で急にゴツッ!っと段差の突き上げを感じることがあったので、次は16インチホイールで215/70R16サイズを履かせてみたいと考えています。

それから、GTKさんという熊本のSHOPさんが乗り心地改善などに向けた面白そうな製品を販売されていますので、最初はGTKさんの製品で効果を体験してみようとも考え中です。

↑ 口コミでの評判がすごいです!

交換時のサイズについて

車のタイヤ交換をする時に、太さ・高さなど車体に干渉しないサイズを選ぶことはご存じですか?

その他にも車検適合サイズかどうか?ということも気にしながら選ぶと後々の面倒を避けることが出来ると思います。

ほとんどの車では、運転席のドアを開けた開口部の後方にタイヤサイズに関する表記が貼ってあります。

デリカD:5の例

このようにサイズが表記されているので、タイヤ選択の際の基準にすると良いでしょう。

タイヤの選択肢

デリカといえばホワイトレターですよね。

以前乗っていたISUZUのWIZARDにホワイトレタータイヤを履かせていたことがあるのですが、性能云々よりもあの雰囲気が非常に好きでした。

ただ、デリカD:5にアウトライン・ホワイトレターのタイヤを履かせようとすると、ある程度タイヤの種類が限られてきますので、条件をクリアした評判の良いタイヤからいくつか紹介してみます。

BRIDGESTONE

ブリジストン デューラーAT001

世界ナンバーワンシェアのブジリストン社が販売しているオールテレーンのタイヤです。

ホワイトレターは225/70R16というサイズがデリカD:5に適合します。

YOKOHAMA

ジオランダーA/T G015

国産の高性能タイヤメーカー、YOKOHAMAが販売しているオールテレーンタイヤです。

2019年に新型となったデリカD:5の新車装着タイヤはジオランダーですよ!

215/70R16と225/70R16は斬円ながらホワイトレターではありません。

235/70R16と、LTタイヤの225/75R16というサイズになるとホワイトレターですが、タイヤが大きくなるのでボディへの干渉や車検適合などをタイヤSHOPさんに相談する必要がありそうです。

DUNLOP

グラントレック AT3

国産の安心感があるダンロップからもオールテレーンタイヤが販売されています。

乗用タイヤではホワイトレターの設定なし

ホワイトレターだと、LTタイヤで225/75R16というサイズがありますが、YOKOHAMAのグラントレック同様、サイズ確認が必要になりそうな大きさです。

海外製

このほかには、かの有名なBF・Goodrichのオールテレーンタイヤがあります。

BF・Goodrich オールテレーンT/A KO2

サイズも豊富でホワイトレターも揃っているので、最も装着率が高いと思われます。

このようにホワイトレタータイヤを選択するとどうしてもオールテレーンタイヤになるので、舗装路中心の用途ではもったいないような気もします。

雰囲気も重要ですが、今回は予算や家族の乗り心地も含めてブラックレターも候補に入れています。

18インチ→16インチの場合 ホイールの交換も必要

また、タイヤだけ選んでも、現在18インチの純正ホイールが装着されているので、16インチのタイヤを履かせることが出来るホイールも必要になってきます。

黒いアルミホイール

ホワイトレターにはデイトナなどのホイールが人気ですが、出来ればアルミホイールにしたいのと、あまり予算をかけられないという条件もあって、比較的安価で手に入りそうなホイールをいくつか選んでみました。

MONZA  JP STYLE  JERIVA

参考価格(某ネットSHOP) : TOYO オープンカントリーATplus組み付け済 4本セット ¥89,110-税込み。

HOT STUFF ラフィットLW-04

参考価格(某ネットSHOP) : TOYO PROXES CF2 suv組み付け済 4本セット ¥73,160-税込み。

スポンサードリンク



タイヤの種類(国産限定)にもよりますが、デリカD:5に装着できるタイヤ&ホイールのセット(タイヤ組み付け済み+バランス調整済み)で最も安い価格帯でいくと¥70,000-税込み~選べます。

タイヤはTOYOタイヤのオールテレーンでオープンカントリーATプラスなどが低予算で評価も高そうです。

TOYO OPEN COUNTRY A/Tplus

ホイールごと交換する工賃は?

最近のネット販売市場の成熟に伴って、自宅近隣に持ち込みタイヤの交換を行ってくれる整備工場がかなり増えています。

タイヤのみ交換を依頼するケースが多いとは思いますが、タイヤ組み付け済みのホイールごと交換する場合にはどれくらいの費用がかかるのでしょう?

問い合わせてみました

持ち込みタイヤの交換を受け付けてくれるお店をネットで検索し、費用などの問い合わせをしてみました。

問い合わせ内容は下記の3つです。

Q1)ホイールナットは整備工場さんで購入可能か?

ホイール交換時にはナットの交換も必要になる場合が多いので要注意です。

Q2)タイヤ&ホイールの送り先を自宅ではなく、整備工場さんにしても良いか?

自宅に送っていただくと重量物なのでけっこう大変な思いをします。

Q3)タイヤ組み付け済みホイールの交換工賃はいくらか?

そもそも、それだけの仕事を受けてもらえるのか?

今回問い合わせをさせていただいたお店での回答になりますが、結果は以下の通りです。

A1)当社での販売も可能です。

ロックナット付きでホイール四本分の合計が¥2,310-税抜きです。

A2)送っていただいてかまいません。

ホームページにも掲載がありましたが、念のために確認しておきます。

A3)¥500/本(税抜き)です。

バランス調整が必要でしたら¥800/本(税抜き)で作業可能です。

なんとも素晴らしいお返事をいただけました!

わたくし、この整備工場さんに交換作業を依頼することに決めました。

依頼する旨を伝え、今から商品を選択するということを伝えておこうと思います。

タイヤ&ホイールの購入金額以外にかかる費用は、税込みで¥4,654-という結果になりました。

予算組もしやすくなってきたので、じっくりタイヤ&ホイールを選びたいと思います。

追記

問い合わせ先のSHOPさんにはお手数をおかけしてしまい申し訳なかったのですが、急遽タイヤ交換用の作業場所の確保が出来たので、DIYでタイヤ&ホイールの交換を行いました。

16インチに交換したデリカD:5 CV1W

タイヤはTOYO プロクセスCF2 suvを選択しポスカでホワイトレター化してみましたが、白文字部分の耐久性は期待できそうにありません。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました