ネットで車を購入 登録用の書類を準備

DELICA D:5 LDA-CV1W

 

購入したい車を決めたので、販売店様へ見積書を作成していただき最終的な確認を行います。

ここで、保証内容やオプション装備の見間違いが無いか、また諸経費の部分も打合せ内容がきちんと掲載されているかなどをしっかり確認しておきましょう。

 

 

見積書の上部

 

上の画像の下には様々な明細が並んでいますが、ひとつづつ確認していけば内容を把握できるはずです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

購入意思の伝達と登録準備

 

見積もりの内容を確認し購入意思を販売店様へ伝えたので、いよいよ具体的な段取りへと進んでいきます。

 

 

まず、今まで乗っていた車両の配車手続きや、新規登録の書類を作成するにあたって不可欠なのが印鑑証明です。

住民登録している役所へ出向き、印鑑登録を済ませてから印鑑証明を2通準備します。

そのうちの1通は配車手続きに必要となり、もう1通は新規登録に使います。

 

 

つぎに普通車で欠かせないのが車庫証明です。

近くの販売店から購入する際には代理でも手続きしてもらえますが、今回はかなり遠方から購入したので、自分で管轄の警察署に申請して車庫証明を取得することになりました。

車庫が自分の土地である場合と借りている土地の場合では手続きに必要な書類が異なりますので、ご自身で車庫証明を取得する場合には不動産屋さんや自動車販売店様へ確認してみてください。

ちなみに私の居住地域では申請時に¥2,200-、4日後の発行日に¥550-収入印紙がそれぞれ必要でした。

 

 

スポンサーリンク



 

あとは委任状・注文書・内容確認書などを準備していただき、支払い方法の打ち合わせ等を済ませたら書類を揃えて販売店様へ届けます。

 

何回も言いますが、今回の車両購入はかなり遠方からの購入になります。

私自身、初めてネットで見つけた車両を購入することになり、自分でも驚いているというのが正直な感想です。

ただ、近年はオークションなどでも盛んに取引されているので、販売店様もこのあたりは慣れた感じで対応していただけました。

普通に考えて、見たこともあったこともない人から数百万円もする商品を購入することだけでも不安がありますよね?!

さらに自動車という整備が必要な商品ということもあったので、充実した内容のアフターサービスが受けられる販売店様から購入することにしました。

 

このあとは登録作業と点検整備を済ませながら、納車準備がすすんでいくことになります。

 

それでは、期待と不安を胸に納車される日を待ちましょう。

 



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました