HONDAから電動2輪車「PCXエレクトリック」のリース販売が開始されます!

HONDA(ホンダ)

 

2018年11月29日

世界のホンダから、ついに電動スクーター「PCX ELECTRIC」の最新情報が発表されました。

 

 

HONDA HPより引用

ところどころにあしらわれたブルーのラインが雰囲気たっぷりな外観です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ではまず、PCXエレクトリックの主要諸元をチェックしてみましょう。

 

PCX ELECTRIC 主要諸元

 

通称名

PCX ELECTRIC

車名・型式

ホンダ・ZAD-EF01

全長×全幅×全高 (mm)

1,960×740×1,095

軸距(mm)

1,380

最低地上高 (mm)★

132

シート高 (mm)★

760

車両重量 (kg)

144

乗車定員 (人)

2

一充電走行距離※5(km)

国土交通省届出値

41(60km/h定地走行テスト値)<1名乗車時>

最小回転半径 (m)

2.1

原動機形式・種類

EF01M・交流同期電動機

定格出力 (kw)

0.98

最高出力 (kW[PS]/rpm)

4.2[5.7]/5,500

最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)

18 [1.8]/500

メインバッテリー種類

リチウムイオン電池

メインバッテリー電圧/容量

50.4V/20.8Ah×2個

バッテリー充電電源

AC100V(単相)

タイヤ

100/80-14M/C 48P

120/70-14M/C 55P

ブレーキ形式

油圧式ディスク

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式

テレスコピック式

ユニットスイング式

フレーム形式

ダブルクレードル

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

  • ※5一充電走行距離は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。一充電走行距離は、車速一定で走行した実測にもとづいた値です

 

 

Hondaは、企業や個人事業主に向けて、原付二種(第二種原動機付自転車)の電動二輪車「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」リース販売11月30日(金)から開始します。

 

定格出力=0.98kWなので、2018年12月現在の日本国内の免許制度で、ぎりぎり原付2種(125cc未満相当)に抑えられていますね。

ただ、最高出力は4.2kWとなっているので、今まで見てきた電動バイクの定格出力から算出した最高出力と比較すると、2倍ほどの出力があるようです。

このあたりは、バッテリーの搭載方法にも秘密がありそうです。

 

 

PCX ELECTRIC システム図

 

 

脱着可能なモバイルパワーパック

このモバイルパワーパックの1コあたりの重量は約10kgと発表されています。

 

 

 

2つの充電方法

PCX ELECTRICには、充電方法が2種類あります。

ひとつは、モバイルパワーパックを車体に搭載したままで、内蔵プラグをコンセントにつなぐ方法。

もうひとつは、取り外したモバイルパワーパックを専用の充電器に収めて充電する方法です。

取り外しが可能な充電方法が選べることで、屋外に充電設備の必要がなくなります。

マンション住まいや、防犯対策などで重宝しそうですね。

充電時間は車載状態で約6時間、充電器で約4時間(1コあたり)とされています。

走行可能距離は満充電で約41kmです。

 

 

モバイルパワーパック搭載部分

通常、メットインスペースになったいる部位に、パワーパックが装着されています。

このぶん、荷物の積載能力は減っていまいますね。

 

 

 

動力は後輪を動かす方法が選ばれています。

 

 

後輪部分に設置されたモーター

従来のエンジン車とおなじ後輪駆動とすることで、乗り換えユーザーにも違和感ない操作性が与えられているような予感がします。

 

電動パワーユニットはエンジンとは異なるサイズは形状となったことで、パワーユニットハンガーを新設しています。

 

 

パワーユニットハンガー

もともと振動の少ないモーター駆動に加え、ラバーブッシュを4つ装着していることで非常に上質な乗り心地となっているようです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

また、リース料金など細かい情報は掲載されていませんが、PCXエレクトリックのモニターも11月29日から募集を開始していますね。

 

 Hondaの国内における二輪総合販売会社である株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは、「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」を用いた電動二輪車の実用性検証を目的に、幅広い層のお客様を対象としたモニターの募集を本日から開始します。

 

 

PCX ELECTRIC

 PCX ELECTRICは、新開発のコンパクトな電動パワーユニットを搭載し、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を採用した原付二種(第二種原動機付自転車)の電動二輪車として、11月30日(金)から企業や個人事業主向けのリースを開始するモデルです。

 今回、広く一般のお客様にモニターを募り、30台のPCX ELECTRICを約2ヵ月間貸し出しすることで、電動二輪車の日常における使い勝手についてさまざまなご意見・ご要望を収集し、製品のさらなる使いやすさや機能の向上など、今後の電動二輪車の開発に活かしてまいります。

 

以下、HPより引用

 

「PCX ELECTRIC」モニター募集概要

 Hondaホームページ内「PCX ELECTRICモニターエントリーサイト」からのご応募となります。なお、モニターエントリー数が募集人数を超える場合はエントリーフォームにご記入いただいた内容を参考に選考させていただき、当選者への案内はメールにて直接ご連絡いたします。

 

第1期モニター/貸出期間:2019年3月1日から4月26日

 

募集期間2018年11月29日から2019年1月15日
当選案内2019年2月1日(予定)
募集人数30名
応募要件PCX ELECTRICを運転できる免許を保有している方
東京都および神奈川県在住でモニター車両の保管場所を確保可能な方

 

 

第2期モニター/貸出期間:2019年6月1日から2019年8月2日

 

募集期間2019年3月1日から2019年4月15日
当選案内2019年5月8日(予定)
募集人数30名
応募要件PCX ELECTRICを運転できる免許を保有している方
大阪府および兵庫県在住でモニター車両の保管場所を確保可能な方
  • 応募要件の詳細は、Hondaホームページ内「PCX ELECTRICモニターエントリーサイト」にてご確認をお願いします

 

 

2019年の2月からにモニターの当選案内が出るので、2019年の春頃から街中で見かけることがあるかもしれません。

 



タイトルとURLをコピーしました