ハイブリッドなスクーター HONDA PCX125

HONDA(ホンダ)

 

2018年7月6日 PCXハイブリッド発売に関するホンダからの発表内容を紹介します。

 

Hondaは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどでご好評をいただいているスクーター「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初※1となるハイブリッドシステムを採用した原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「PCX HYBRID」をタイプ設定し、9月14日(金)に発売※2します。

  • ※12018年7月時点 Honda調べ
  • ※2PCX HYBRIDは受注生産車です。PCX HYBRIDは「Honda 二輪EV取扱店」での取り扱いとなります

 

 

スポンサーリンク



 

二輪車用ハイブリッドシステムを採用し、さらなる走りの楽しさを追求した 原付二種スクーター「PCX HYBRID」を発売

 

PCX HYBRID(パールダークナイトブルー)

車両価格 ¥432,000-税込み

 

 PCX HYBRIDは、2018年4月に発売したPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーター※3を超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現しました。走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定。快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としています。

 PCXシリーズは、高剛性なダブルクレードル構造のフレームに、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※4を搭載。全灯火器にLEDを採用し、フロントからリアまで連続的に変化する曲面で構成した“流麗で伸びやか”な外観スタイリングとしています。また、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」の採用など、使い勝手の良い装備などで、幅広い層のお客様に高い支持をいただいています。

※3Honda 125ccクラス4ストロークエンジン搭載スクーター

※4enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です

 

 

燃費性能

 

HYBRIDというくらいですから、どれくらい低燃費なのかと思っていろいろと調べていたら、ノーマルのPCX125とpcx150との比較が掲載されていました。

 

PCXシリーズ 価格と燃費性能の比較

なるほど・・・ほぼノーマルと同等ということですね。

そもそも燃費のよいPCXですから、厳しい条件であったことには間違いないでしょう。

 

それでは、どこが違うのか?について考えてみました。

 

 

ハイブリッドシステムのメリット

 

単純なカタログ燃費だけではわからない部分を探ってみましょう。

 

PCX125HYBRIDに搭載されるハイブリッドシステムは、リチウムイオンバッテリーによる初速のアシストに効果があるようですね。

 

 

PCX125 HYBRID スケルトンイメージ

排気量が小さくトルクの小さなエンジンでは、ゼロスタート時にパワーを求めるとアクセルを大きく開ける必要があります。

そこをモーターでアシストしてくれることで、実際の市街地走行では燃費の良さに現れそうな気がします。

また、車の流れをリードすることで、ライダーの安全マージンを確保できることも大きなメリットでしょう。

 

 

メットインスペースはどうなった?

 

先程のスケルトンイメージだと、シート下の後方にリチウムイオンバッテリーを新たに搭載したことでメットインスペースが犠牲になったのでは?と思える画像でした。

 

 

左がノーマル 右がHYBRID

たしかにスペースが小さくはなりましたが、じゅうぶんに使えるサイズが確保されていました。

ちなみに容量を数値で表すと、ノーマル=28Lに対しHYBRID=23Lとなっています。

 

 

スポンサーリンク



 

諸元表

 

では、PCX125 HYBRIDの諸元表をどうぞ。

 

通称名

PCX HYBRID

車名・型式ホンダ・2AJ-JF84
全長×全幅×全高 (mm)1,925×745×1,105
軸距 (mm)1,315
最低地上高 (mm)★137
シート高 (mm)★764
車両重量 (kg)135
乗車定員 (人)2
最小回転半径 (m)1.9
原動機エンジン型式・種類JF84E-K96・水冷 4ストローク OHC 単気筒
電動機種類交流同期電動機
総排気量 (cm3)124
内径×行程 (mm)52.4×57.9
圧縮比 ★11.0
最高出力 (kW[PS]/rpm)エンジン9.0[12]/8,500
電動機(モーター)1.4[1.9]/3,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)エンジン12[1.2]/5,000
電動機(モーター)4.3[0.44]/3,000
電動機(モーター)定格出力(kW)0.36
燃料消費率※8(km/L)国土交通省届出値 定地燃費値※9(km/h)55.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★ (クラス)※1051.9(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★セルフ式
点火装置形式 ★フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L)8.0
主電池種類リチウムイオン電池
変速機形式無段変速式(Vマチック)
タイヤ100/80-14M/C 48P
120/70-14M/C 55P
ブレーキ形式油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式ダブルクレードル
  • 道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
  • 製造事業者/Honda Vietnam Co., Ltd.  製造国/ベトナム  輸入事業者/本田技研工業株式会社
  • ※8燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※9定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※10WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

 

自動車に比べてまだまだ電動化が進んでいない感のあるバイク業界ですが、ヤマハのトライアル競技車TY-Eなどの活躍もあって、近い将来バイク業界にも電動化の大波がやってくるのでしょうか?

 



 

タイトルとURLをコピーしました