即座に復活! ヤマハの名車「SR400」

YAMAHA(ヤマハ)

 

 

2018年9月14日 多くのバイク(特に単気筒)好きの方々にとって嬉しいニュースが発表されました。

昨年、惜しまれながらカタログ落ちしていたヤマハの名機「SR400」が復活します。

従来のSR400は平成28年自動車排ガス規制に適合できず、2017年9月1日に生産終了のアナウンスが出ていました。

そのとき既に「次期モデルの開発中」であることは公となっていました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

では、SR400はどのような姿で復活するのでしょう?!

 

 

 

 

SRで、あり続ける SINCE1978

 

満を持しての再登場時期は2018年11月22日。

標準モデルは落ち着きのある2色で展開するようです。

 

 

 

2018年 SR400 ヤマハブラック

¥572,400-税込み

 

 

 

 

 

2018年 SR400 グレーイッシュブルーメタリック4

¥572,400-税込み

 

あくまで個人的な意見ですが、グレーイッシュブルーメタリックの絶妙な配色は「さすがヤマハさん」と思わせてくれるセンスの良さを感じます。

ブラウンのシートが全体を落ち着いた雰囲気にしてくれていますね。

 

 

 

 

 

2018年は40周年記念

 

発売40周年となるSR400。

標準モデルの2色の他に40周年記念モデルの発売も決定しています。

 

 

 

 

 

SR400 40th Anniversary Edition

500台限定 ¥691,200-

 

 

 

 

 

クラシカルな魅力を放つタンクは手塗り仕上げのサンバースト塗装で、1台づつ微妙にことなる表情を見せてくれます。

 

 

 

 

 

音叉マークは真鍮製で、電鋳工法により精巧に表現されたSRエンブレムとなっています。

 

 

 

 

 

タコメーターのパネル内には、40周年限定モデル専用のロゴがあしらわれています。

40周年記念モデルは、SRの歴史や世界観を凝縮した所有感を満たすモデルに仕上がっていますね。

 

 

 

標準のグレーイッシュブルーメタリックといい、この40周年記念モデルといい、あまりにも素敵な姿で復活するSR400。

性能面はどうでしょう?

 

 

 

 

SR400 主要諸元

 

SR400
認定型式/原動機打刻型式2BL-RH16J/H342E
全長/全幅/全高2,085mm/750mm/1,100mm
シート高790mm
軸間距離1,410mm
最低地上高130mm
車両重量175kg
燃料消費率*1国土交通省届出値
定地燃費値*2
40.7km/L(60Km/h)2名乗車時
WMTCモード値 *329.7km/L(クラス2, サブクラス2-2) 1名乗車時
原動機種類空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列単気筒
総排気量399cm3
内径×行程87.0mm×67.2mm
圧縮比8.5:1
最高出力18kW(24PS)/6,500r/min
最大トルク28N・m(2.9kgf・m)/3,000r/min
始動方式キック式
潤滑方式ドライサンプ
エンジンオイル容量2.40L
燃料タンク容量12L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式フューエルインジェクション
点火方式TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式12V, 2.5Ah(10HR)/GT4B-5
1次減速比/2次減速比2.566/2.947
クラッチ形式湿式, 多板
変速装置/変速方式常時噛合式5速/リターン式
変速比1速:2.357 2速:1.555 3速:1.190 4速:0.916 5速:0.777
フレーム形式セミダブルクレードル
キャスター/トレール27°40′/111mm
タイヤサイズ(前/後)90/100-18M/C 54S(チューブタイプ)/110/90-18M/C 61S(チューブタイプ)
制動装置形式(前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後)テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員2名

 

スタートはキックスタート式で、従来型から継承されるデコンプも装備しているとのこと。

SRといえばキックスタートですよね!

更に、スペック表からは読み取れませんがマフラーの音にもこだわった造り込みようで、音響解析技術をとりいれて心地よく歯切れの良い排気音となっているようです。

爆音バイクは時代の流れにそぐわないので、純正でGOODサウンドなのは嬉しいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

同社の2018年復活組

 

SR400と同時に生産終了した同社のセロー250トリッカーは先に復活の発表があったのもつい最近のことです。

 

 

 

 

 

2018年 ツーリングセロー 

 

 

 

 

2018年 トリッカー

 

年々厳しくなる排ガス規制(今回はEURO4に沿ったもの)に人気モデルをいち早く対応させたヤマハさんの技術力・意思決定力には感銘を受けました。

小排気量好きの私ですが、車検があるバイクで唯一所有欲をそそられるのがヤマハSR400です。

 

40周年記念モデルは、いろんな意味で記念となるモデルになりましたね。

ブラウンボディ&ゴールドリム・・・かっこよすぎると思いませんか?

 

 



 

 

タイトルとURLをコピーしました