PEUGEOTのスクーター

海外メーカー

 

この記事を書いているのは2018年、実は10年以上?も前に海外のスポーツスクーターがブームになっていた時期があったことをご存知ですか?

当時は、ヤマハヨーロッパのエアロックスや、ジレラのランナーなど走行性能を重視したマシンが巷にあふれていました。

 

現在もスポーツ性の高いスクーターがあるにはありますが、世界にはお洒落なコミューターも数多く存在しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

PEUGEOT

 

これがモーターサイクルの歴史。
現存する世界最古のブランド、プジョー。

フランスの発明家「ルイ・ギヨーム・ペロー」が開発した世界で最初のモーターサイクルが、1873年ウイーン万博で発表された。
そして1898年、プジョー初のモーターサイクルが生まれる。
それから120年。伝統は受け継がれ、ライオンマークは世界中に広まっている。

引用元:プジョー

これを見る限りでは、かなり古くから存在し現存する世界最古のモーターサイクル・ブランドということになります。

そんなプジョーの現在の2輪車ラインナップをみてみましょう。

 

 

 

 

DJANGO

 

 

 

 

丸いヘッドライトと流れるような豊麗なボディラインがクラシカルなスクーター、ジャンゴは1950年代のプジョーS55、S57をモチーフに、現代に復刻させたネオクラシックモデル。

フランスのブランドらしく「ジャンゴ」という名はかの有名なフランス国籍のギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」からとったもの。

火傷によるハンディキャップを克服した彼の芸術家魂と、60年以上もの時を経て新たに登場したジャンゴはどこか似ている。

クラシカルなスタイルのなかに、フロント、リヤのLEDライトや12Vの充電ソケットなど現代的な装備もしっかり備え、新しい世代のライダーたちを満足させることのできるモデルである。

 

 

DJANGO スペック

 

全長×全幅×全高1,925mm × 710mm × 1,190mmホイールベース1,350mm
シート高770mm乾燥重量129kg
エンジン空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
(Easy Motionエンジン)
排気量124.6cm³
内径×行程52.4mm × 57.8mm最高出力7.5kW/8,500rpm
最大トルク8.9Nm/7,000rpm燃料供給方式インジェクション
始動方式セルフ式燃料タンク容量8.5L
変速方式オートサスペンションフロント : 油圧式テレスコピック
リア : 油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
タイヤフロント : 120/70 – 12″
リア : 120/70 – 12″
ブレーキフロント : ディスク
リア : ディスク

 

 

 

 

 

 

CITYSTAR

 

 

 

 

コンパクトかつスマートなスタイリングに優れたハンドリング性を備えたプジョーシティスター125シリーズは、日常の移動にその走りで彩りを添えるスクーターだ。

安全でスムーズな走りを同時に実現し、市街地での走行を快適にしてくれる。

高トルク125ccエンジン、調整可能なショックアブソーバー、人間工学に基づいたライディングポジションなど、プジョーの各技術が快適な走りを支えている。

コンパクトなボディにもかかわらず、ヘルメットをふたつ入れることができるほどの余裕ある収納を持ち、ゆったりとしたシートはタンデム走行時のパッセンジャーの快適性も確保している。

 

 

CITYSTAR スペック

 

全長×全幅×全高1,985mm × 750mm × 1,300mmホイールベース1,430mm
シート高795mm乾燥重量150kg
エンジン水冷4ストローク SOHC4バルブ単気筒
(Power Motionエンジン)
排気量124.7cm³
内径×行程57mm × 48.9mm最高出力10.6kW/9,000rpm
最大トルク11.9Nm/7,000rpm燃料供給方式インジェクション
始動方式セルフ式燃料タンク容量9L
変速方式オートサスペンションフロント : 油圧式テレスコピック
リア : 油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
タイヤフロント : 120/70 – 13″
リア : 130/60 – 13″
ブレーキフロント : ディスク
リア : ディスク

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

SPEEDFIGHT

 

 

 

 

 

第4世代のプジョースピードファイト125は、空冷式の新しいSmartMotion125ccエンジンを搭載し、現在のプジョースクーター各モデルのなかで、もっとも力強い走りを体感できるモデル。

コンパクトなボディ、ハイエンドな仕様、レーシーなデザインのプジョースピードファイトは他に類を見ないセクシーな125ccスクーター。

ヘルメット収納スペースを有し、実用性にも優れ、USBの電源ソケットまで搭載。また、スペシャルエディションのRカップはスピードファイトのセクシーさをさらに際立たせるデザイン。

アイシーホワイトで仕上げられた、鮮やかなレッドのグラフィックが特徴的なカラーコンビネーションは、プジョー308レーシングカップ仕様にインスパイアを受け、スポーツスクーターとしての個性輝くモデルとなっている。

メーター下にスマートフォンサポートを装備し、利便性も高めている。

 

 

SPEEDFIGHT スペック

 

全長×全幅×全高1,895mm × 700mm × 1,150mmホイールベース1,296mm
シート高800mm乾燥重量116kg
エンジン水冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒
(Smart Motionエンジン)
排気量124.6cm³
内径×行程52.4mm × 57.8mm最高出力8.1kW/7,400rpm
最大トルク10.8Nm/5,600rpm燃料供給方式インジェクション
始動方式セルフ式燃料タンク容量8L
変速方式オートサスペンションフロント : 油圧式テレスコピック
リア : 油圧式ショックアブソーバー
タイヤフロント : 130/60 – 13″
リア : 130/60 – 13″
ブレーキフロント : ディスク
リア : ディスク

 

 

 

これらのプジョー製スクーター達は、屋根付き3輪マシンで有名なADIVA株式会社が日本に正規輸入しています。

 

国産車には出せないお洒落な雰囲気のPEUGEOT製スクーターを紹介しました。

 

趣味(A)バイク等 に戻る ←

 



 

タイトルとURLをコピーしました