Honda CRF125F

HONDA(ホンダ)

 

働く軽自動車のニューカマーホンダN-VANの登場で密かな注目を集めているCRF125Fというバイクをご存じですか?

 

 

CRF125Fは、ホンダがオフロード向けに販売している競技用車両CRFシリーズの小排気量車種で、初登場は2013年の8月となっています。

 

スポンサーリンク



 

ただ、競技用車両といっても他の排気量が本格的なモトクロッサーやエンヂュランサーなのに対して、50ccのCRF50Fと125ccのCRF125Fはコンセプトが「Your First Real Dirt Bike」。

初心者にも扱いやすいオフロード入門車種という位置づけになっています。

 

 

CRF125F 2018年モデル

 

 

参考画像 CRF50F

CRF125Fが発売される前は、CRF100FというCRF125Fと同じコンセプトの車両が存在していましたが、CRF125Fは排気量以外にもフロントブレーキがドラム→ディスクへと変更されるなど、親しみやすさはそのままに正常進化を果たしたといえそうです。

 

スポンサーリンク



 

2018年7月発売のN-VANに搭載した場合

 

冒頭でお話したように、軽自動車の爆発的な人気から注目を集めることになったCRF125F。

N-VANに搭載すると、このようなサイズ感になります。

 

 

honda N-VANより

上のCRF125Fの車載画像から推測すると、フルサイズのオフロード車を搭載する為にはフロントフォークをストロークさせて高さを抑える必要がありそうですね。

 

CRF125F 主要諸元

 

CRF125F
車名・型式ホンダ・JE03
全長(mm)1,860
全幅(mm)770
全高(mm)1,075
軸距(mm)1,255
最低地上高(mm)265
シート高(mm)785
車両重量(kg)88
エンジン種類空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3124.9
内径×行程(mm)52.4 × 57.9
圧縮比9.0
キャブレター形式PDB4C(メインボアφ20mm)
始動方式セルフ式(キック式併設)
点火装置形式CDI式バッテリー点火
潤滑方式圧送飛沫併用
燃料タンク容量(L)4.3
クラッチ形式湿式多板コイルスプリング式
変速機形式常時噛合式4段リターン
変速比1速3.181
2速1.706
3速1.238
4速0.916
減速比(1次/2次)3.250/3.769
キャスター角(度)27° 30′
トレール量(mm)94.0
タイヤ70/100-19M/C 42M
90/100-16M/C 51M
ブレーキ形式油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式テレスコピック式 クッションストローク150mm
スイングアーム式(プロリンク)アクスルトラベル150mm
フレーム形式ダイヤモンド

 

私もオフロードで遊び始めたころにCRF100Fを所有していましたが、「恐くない」という表現がぴったりだと思います。

これからバイクでのオフロード遊びを始める方々には間違いなくオススメできる1台です。

 

 

TOP PAGE へ戻る ←

 



タイトルとURLをコピーしました